シングル?セミダブル?それとも?一人暮らしのベッド選び



(photo by 足成)

家具のレイアウトを決める際、一人暮らしの場合、ほぼベッドが一番広い面積を占めることになります。
そのため、購入すべきベッドのサイズ選びで悩まれる方がおられるようです。
「シングルサイズにするかセミダブルにするか」
ネットでもこの手の質問は、結構あるようです。

今回、これらの質問に対して、私なりの意見やアドバイスをしていこうと思います。


ベッドを選ぶ際には、当然寝る人の身長と体重が関係してきます。ですが、余程大柄な体格の方でない限り、私はシングルサイズをお勧めします。いきなりの結論ですが、なぜシングルサイズを勧めるのか、以下で述べていきます。

まずベッド選びで迷われる方の質問を一言にまとめ、迷う要素(不安や心配の原因)が何かを考えてみます。
代表的な迷う点は以下のようになると思います。
  1. 彼氏(または彼女)が泊まりに来た時、広い方がいいかも。
  2. シーツやカバーの費用や洗濯などのことを考えると、シングル?
  3. 広いベッドでのびのびと眠りたい。でも、他の家具を置くことも考えると……。
1.彼氏(または彼女)が泊まりに来た時、広い方がいいかも。
まず今現在彼氏(または彼女)がいますか? またいたとして、泊まりに来る頻度はどのくらいでしょうか?

今現在の時点で彼氏(または彼女)がいないのなら、彼氏(彼女)ができてから考えればいいのです。
未来の未確定事項に対して懸念を抱くなら、明日自分が交通事故で亡くなってしまう可能性を無視しておきながら、彼氏(彼女)ができるという都合の良い可能性だけを考えるという様はとても滑稽です。

どうせなら彼氏(彼女)ができてから、新たにベッドを買い換える話を交えたり、二人でベッドを選びにお店へ出掛ける未来を想像した方がきっと楽しいはずです。

彼氏(彼女)がいる場合、泊まりに来る頻度がほぼ毎日なのであれば、それはもう一人暮らしではありません。どうぞこのブログから立ち去って頂いて結構です。ただ一言申し上げるなら、そのような状況であれば、それこそ彼氏(彼女)と話し合ってセミダブルにするか、ダブルにするか、それともシングルベッド2台にするかを決める方が、より二人の仲は親密になるのではないでしょうか。

もし迷うとすれば週末や休日前、あるいはたまに泊まりに来るという場合だと思います。
ですが、私の意見としてはその週末や休日前の1日2日や「たまに」のために、その他の一人で過ごす時間と空間を大きなベッドで圧迫してしまうのは、いかがなものかと感じます。

最初に申し上げましたが、一人暮らしの場合、一番大きな面積を占める家具はベッドです。このベッドのサイズとレイアウト次第で部屋で過ごす快適さは左右されるのですから。

2.シーツやカバーの費用や洗濯などのことを考えると、シングル?
そうなんです。意外とセミダブルのシーツやカバーは値が張ります。その上、柄の種類も多くありません。

ベッドは縦幅(頭から足までの長さ)は基本的に同じで、変わるのは横幅だけです。ですからシングルとセミダブルの比較だけでいうと、洗濯については干す手間も含めて、シングルもセミダブルもさほど変わりません。

洗濯する際の交換用のシーツとカバーも用意することを考えると、合計2セット購入するわけですし、何よりセミダブルでは気に入った柄が見つかるとは限りません。費用的にも選択の自由度においてもシングルサイズの方が有利です。

3.広いベッドでのびのびと眠りたい。でも、他の家具を置くことも考えると……。
この手の問題点は、ベッドでの快適さと部屋全体での快適さ、どちらに主眼を置くかという点です。
もちろん部屋全体が広々としていれば、両方の快適さを満足させることもできます。ですが、家賃に割ける予算の兼ね合いから、誰でもクリアできる問題というわけではありません。

ライフスタイルの一つとして、部屋には寝るために帰るだけという会社勤めの方もいるかもしれません。そういう方の場合、眠りの快適さを追求したいと考えるかもしれません。それも一つの考え方です。

実際、私が会社員をしてた時は、そういう理由でセミダブルを購入しました。ですが、セミダブルを配置できるだけの広さを確保するには、やはりそれなりの広さが必要なため、その広さに見合った家賃を支払い続けることになりました。ほとんど部屋にはいないのにも関わらず、ベッドのサイズのためだけに、またそのベッドで過ごす時間もわずかな時間であるのに、無駄に高い家賃を支払う羽目になったような形でした。寝るためだけの家賃にしては、ちょっと釣り合わない感じですね。

他の家具との兼ね合いやバランス、つまり全体的な配置(レイアウト)を考えるなら、なおさらシングルサイズのベッドをお勧めします。レイアウトについては以下のサイトが参考になるかと思います。

一人暮らしコーディネート | a.flat インテリア
一人暮らしコーディネート -自分だけのマイスタイル- 一人暮らしの部屋は自分だけの大切な「お城」。 疲れを癒し、明日への元気をチャージできるお部屋にできたら最高ですね。 ソファを中心に個性が光る一 ...

ワンルームの配置~ベッドとソファーのレイアウトパターン|一人暮らしのワンルームインテリア
マンションやアパートのワンルーム部屋の家具の配置は、 大きなインテリアであるベッドとソファーのレイアウトによって決まるといっても過言ではありません。 このページでは 以下の一般的なワンルームの部屋を参 ...

どんなベッドがいいのか?

一口にシングルベッドといっても千差万別です。ただし「一人暮らし」のベッドに限っては、スペースの活用ということを考えると、やはりベッド下に収納が付いてるもの、もしくは収納スペースがあるものが良いと思います。

マットレス…ポケットコイルのものでも手頃な値段のものが選べます。デメリットとしては外見上はどうしても似たり寄ったりで、個性を出しにくいということでしょうか。
ちなみに私が現在使用しているのは脚付きマットレスです。別売りパーツで脚を長くして、ベッド下に収納スペースを確保しました。中には最初から脚が長めでベッド下に収納スペースが作れるものもあります。

パイプベッド…部屋全体のコーディネートをモノクロモダンなテイストに仕上げるのに向いています。比較的安価。私が使っていたセミダブルは、このタイプでした。

木製ベッド…バリエーション豊かで、値段もピンきり。一人暮らしではなく、実家暮らしで使ってました。ベッド下に引き出しタイプの収納が元から付いていましたが、ベッド下に収納スペースがあるだけのタイプの方が自由度が高く、使い勝手は良さそうでした。


>>家具通販のグランデ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿